忍者ブログ
破妖の剣ファンサイト付属ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サークル内で役職をもらって、いろいろやっています。

何か始めようとすれば、その中には成功も失敗もあって、
本当の成功・失敗と別に他者の賛成・反対もある。
そして、人の中で物事を為していくのなら、他者の賛成・反対に対してどうするかも大事。
一つ成功があっても奢らずにいれば、人の指摘にも適切に対応できるはず。
いつも真実を見極める目を持とうとしなくてはなりません。

物事にはいろいろな側面があって、できるだけ、全ての側面を考え合わせてよりよいことを為さなければならない。
組織内で役職を全うする上では、よりよい道具でありたい。


+++++++++


人の死は、いろいろな可能性を教えてくれる。
漫画原稿の描きすぎで覚悟の上過労死した同人作家。
彼女は、描きすぎて死ぬだろうけど、絶対幸せだったと言い切れると遺書を残していた。

人の一生は自由。
生んでもらって、命を与えられて生きてきているけれど、結局はひとりの人間だから。
人はひとり。
何かをしすぎて死ぬも、何もせず死ぬも一人の人間の選択なら、認めうること。

思いには程度があって。
程度が強いものがあれば、弱いものもある。
思える精一杯は、人によって違うと思う。

自分の生を賭す思いと、
自分の未来には勝てない思いと、
どちらも、決して否定されるべきではない。

ただ、程度の選択肢もいくらでもあるのだということが新鮮だ。
ひとといういきものは、思いのために死ぬことができるのだと。

音楽に生きる者は、すべてを音楽に捧げることができるだろうし、
愛に生きる者は、自己実現を伴侶のための存在へと規定できるだろうし。
純粋に思えるその強さに敬服する。
そして、自らの望む思いのためでなく死にゆくことは、どこまでも悲しいと思う。

思いに死にたいと思う。
だって、とても幸せだと思うから。
思いに死にたい。
いつか、今までの喜びを全て覆すような、強い思いに出会えるだろうか。
自己犠牲の甘さではなく、できることならもっと自己中心的な思いで死にたい。

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HP:
性別:
非公開
最新記事
(12/01)
(04/08)
(08/02)
GW
(03/23)
(03/21)
リンク
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]